カテゴリ:旅( 25 )
こけし
先月のこと。
高幡不動にあった喫茶店たんたんが閉店し、楽語舎という民芸サロンになったという。なかなか行く機会がなかったがようやく日にちが合い行くことができた。
今はちょうどこけしが少ない時期だそうだが、珈琲をいただきながらこけしの話を聞くことができ、楽しいひとときを過ごす。
前に会田栄治工人(昨年お亡くなりになった)がおっしゃっていた「伊豆にたくさんこけしがあるよ」という話をしてみると、それは痴娯の家じゃないかなと一気に解決。さすがー! でも、今は伊豆にないそうなので残念でした。

蔵のような建物の3階にある「楽語舎」さん
f0198592_15255393.jpg

本日のこけし 佐々木覚平さん(左)と渡辺恒彦さん(右)
f0198592_1526793.jpg

おまけ
高幡不動尊金剛寺でお参りし、おみくじを引いたら”凶”だった! 先に引いた友達も”凶”!なんてことでしょうー! 今年は気を引き締めていきくことにしましょ。
f0198592_15262016.jpg

by yamamog | 2016-02-05 00:00 |
こけしと演劇の旅 その3
3日目
今日の午後には仙台を発たなければならない。
ちょうど宮城県立美術館で好きな作家の一人、杉戸洋さんの展示がやっていた。広々とした空間は素敵な作品で飾られ、杉戸さんの世界になっていた。

別の展示室では長新太さんの絵本『だくちるだくちる…はじめてのうた…』の原画展をやっていた。仙台で大好きな二人の展示が観れるなんてうれしい〜♪ 
なんてラッキーなんだっとウキウキしながら仙台を後にした。
お土産は、もちろん牛タンで!!
f0198592_1114341.jpg
f0198592_11144676.jpg


今回の旅で連れて帰ってきたこけし。

鈴木明工人のこけし。清楚でかわいらしい。
f0198592_11244561.jpg

平賀謙次郎工人のこけし。
83才と88才の時のもの。首かしげてます、、というか顔が曲がってる?(笑)
f0198592_11245642.jpg

by yamamog | 2015-06-06 00:00 |
こけしと演劇の旅 その2
2日目
カメイ美術館で行われている「広井政昭・江戸独楽の世界」を観にいく。江戸独楽とは、からくりの仕組みを応用しておもしろい回転をさせたりするものだ。カラフルでかわいらしい独楽がたくさんあった。
カメイ美術館ではこけしの絵付け体験もでき、その日は課外学習らしき小学生が絵付けをしていた。ちらっと見たら、こどもたちは大胆な絵付けをしていて自由だなあと感心したのだった。

秋保温泉へは仙台からバスが出ている。そこにある秋保工芸の里では伝統工芸品を作る職人たちが創作活動を行っているそうだ。地図を見ても距離感がつかめないので、秋保の観光案内所で無料のレンタサイクルを利用しまわることにした。昨日伺った平賀こけし店の平賀輝幸さんも参加しているというこけしの展示に行き、その後秋保工芸の里をまわる計画。近いと思ったけどけっこう遠いではないか! 日頃の運動不足がたたり足が重い・・・。途中の上り坂には熊注意の標識! 熊に遭遇しないことを祈りながら坂を上りきると秋保工芸の里に到着した。足はガクガクだけど、目的の玩具庵こけし屋を訪れ鈴木明工人のこけしを買うことができた。
f0198592_1758370.jpg
f0198592_17582085.jpg


夜はいよいよ美輪明宏さんの舞台『黒蜥蜴』だ。開場時間にはたくさんの人が列をなしていて美輪さんの人気が伺える。緑川夫人を演じる美輪さんは妖艶で迫力があった。とても80歳には見えない! 今日も充実した一日であった。
f0198592_17583837.jpg

by yamamog | 2015-06-05 00:00 |
こけしと演劇の旅 その1
一度観てみたかった美輪明宏さんの舞台は東京公演、神奈川公演ともすでに完売。
地方公演でこれから発売するのは仙台だという。仙台からはこけしの産地へ足を延ばすこともできるので、仙台チケットを購入した。

1日目
お昼過ぎに仙台へ到着、そのまま在来線へ乗り換え作並に行く。
駅を降りるとこけしが出迎えてくれてテンションあがる〜。
目的地の作並温泉まではバスで行かなければならないのだけど、ホテルの送迎バスの運転手さんが声をかけてくれたので訳のわからないままバスに乗ってしまった。着いた先は一の坊というホテルで、ここは日帰り温泉のお客も送り迎えしているようだ。
f0198592_22193728.jpg

f0198592_23101858.jpg

平賀こけし店はホテルのすぐ近く、橋を渡ったところにぽつりとある。
平賀輝幸さんはいらっしゃらなかったが若い女性とお母さんと思われる方が対応してくれた。3年前に亡くなったという平賀謙次郎さんのこけしを購入する。
せっかく作並温泉に来たのでホテルの日帰り温泉にも入ってみた。帰りも駅まで送ってもらい作並をあとにした。
f0198592_22494551.jpg

f0198592_22425438.jpg

by yamamog | 2015-06-04 00:00 |
こけしの旅 秋田編 犬っこまつり
秋田県湯沢市の犬っこまつりに行って来ました。
秋田新幹線こまちに乗り、大曲で奥羽線に乗り換えです。新幹線に乗って停車駅のアナウンスを聞いたら、「あっ、ここに昔来たことあった!」と思い出しました。
そういえば、学生のころ学割周遊券で東北を旅したんだっけ。新幹線で来れるなんて便利になりました。といっても伊豆からは8時間くらい、けっこうな距離です。
f0198592_11124961.jpg

1時半ころ湯沢に到着。そのあと宿に荷物を置いて秋田県こけし展が行われている会場へ行くと、お客はまばらで、こんなものなのかしらっと思っていたら、オープン前は人の行列ができていたそうで、私たちは出遅れただけだったのでした。

工人さんにより残り少ないものもあったけど、そのなかでお気に入りをゲットしました〜。うれしいことに、こけし購入者は購入金額により何回か福引きができるという特典がありました。わたしは4回引いて、なんと3回当たりがでました!!
くじ運の悪いわたしがこんなに当たるなんて、今年の運を使ってしまった感じです…。当たりはこけしと色紙と爛漫のワンカップでーす。
f0198592_11251429.jpg
f0198592_14090748.jpg

そのあとは街をぷらぷら散策。露店で買い物したり、犬っこまつりのメイン会場で雪のお堂っこや犬っこを見てまわる。余談だけど、この辺では名詞の下に「こ」を付けるのね。なんだかかわいいですね。お店の方が「お茶っこ飲んでいってください〜」ってお茶にも「こ」が付いてました。

雪は降ったり止んだりで、さらさらとしている。地元の人は傘をささず帽子やフードで歩いています。西伊豆はめったに雪が降らないので、たまの雪は楽しいわ〜。
f0198592_11564975.jpg
f0198592_11565937.jpg
一旦宿に戻り、ひと休みしてから出かけることにする。
夜にはお堂に火が灯り、花火もあるという。

夕食をとりに外へ出たものの、寒いので宿の近くの居酒屋へ入った。
そこは若い女性の店主がひとりで切り盛りしている小さなお店だった。カウンターに座り、飲み物とつまみを注文する。メニューは家庭料理みたいなものが多かったが、どれもおいしくて店主のお料理好きが伺える。そしてお酒も好きそう!ササッと食べて花火を見に行こうとしてたのに、ゆっくりしてしまって店の外に出て少しだけ花火を見たのだった。

店をでて夜の街を歩いたが、道に並んでいるお堂の灯はみんな消えていて残念。でも露店やメイン会場にはまだ人も残っていて、夜の雰囲気も楽しめました。
f0198592_14091679.jpg
f0198592_14220258.jpg

翌日は、湯沢に三件ある酒蔵のうちの一件、木村酒造さんが酒蔵見学と利き酒ができるというので行ってみた。創業が1615年という古い酒蔵で、とても趣のある建物でした。お店に出ていた働き手は若いかたばかりで、ちゃんと受け継がれているのですね。利き酒しておいしかった”福小町”と酒粕をおみやげに買いました。

出発前にお弁当などを購入し、湯沢をあとにしました。
雪国とこけしを楽しめた小旅行でした。また来た〜い。
f0198592_16033344.jpg
f0198592_16034451.jpg

おまけ
f0198592_16035739.jpg

by yamamog | 2015-02-16 00:00 |
こけしの旅 山形編
1日目
f0198592_17272874.jpg
f0198592_17273767.jpg
f0198592_17274784.jpg
お見送りしてくれた会田栄治工人と購入したこけし
f0198592_22073488.jpg
f0198592_22075181.jpg

2日目

午前中は、やまがた伝統こけし館に行きコレクションをゆっくり見て回る。
あー、和むわー。

そして、昼食には知人が行きつけのそば処、上山の”耕想庵”に連れて行ってくれた。以前は旅館だったという風情のある建物で、大きなガラス戸から庭や川が眺められ、葉枯れの季節には時折とおる山形新幹線を見ることができる。知人おすすめの自家製野菜の小皿が付いた板そばと天ぷらをいただきました。喉越しがよく、とてもおいしかった。
余談だけど、ご主人が描いたという斎藤茂吉の絵がとっても良かった!(耕想庵は斎藤茂吉記念館の近くにある)

帰りの新幹線。蔵王あたりから外は雪景色。そして、お土産に買ったミルクケーキ。

f0198592_22080355.jpg
f0198592_22082915.jpg
f0198592_22082021.jpg



by yamamog | 2015-01-15 00:00 |
銀座・手仕事直売所
松屋銀座で「銀座・手仕事直売所」が開かれている。
各地で生み出された品々を直売所スタイルで紹介している。
一カ所でさまざまな品物を見ることができるのは、とてもうれしい。

世は民芸ブーム。おととし来たときより人が多くてビックリ!
すでにお会計には長蛇の列なのだ。

やはり初めは器からじっくり見ていき、スリップウェアの小皿と益子焼きの花瓶をチョイスする。
そして、今回初出展だという中村亜紀子さんの羊毛敷物を購入した。
f0198592_10590997.jpg
ノッティングという技法を用いた羊毛の敷物で、ひとつひとつ柄が違う。どれもかわいくて迷ってしまうー。
中村亜紀子さんの品は、今は長崎と大阪のお店にしか置いていないそうなのだけど、きっと人気がでるに違いない。
f0198592_12025326.jpg

by yamamog | 2014-09-26 00:00 |
うつわ
夏の忙しさも終わり時間ができたので中目黒のSMLに友達を誘って行く。
器好きにはたまらないお店ですね。
ちょうど『カレーと民芸』というイベントをやっていて、スリップウェアのカレー皿とサラダ皿を購入。ニンマリとしてしまいます。
f0198592_23160118.jpg

by yamamog | 2014-09-11 00:00 |
益子&日光
学生時代の仲間との旅行が計画され、今回は日光ということだ。
栃木といえば益子に行ってみたかったので一人前泊することにした。
春と秋に開催される陶器市の時には混雑するという益子も今は静かでゆっくりできる。
まずは陶芸家の濱田庄司が設立した参考館に行った。広い敷地の中に古民家や石蔵が移築され、そこに彼の作品や国内外から蒐集した品々が展示されていて素敵だった。
帰りに参考館にきた記念にピッチャーを購入しました〜。
f0198592_0302973.jpg

翌日は日光東照宮で仲間と合流し、見て回る。
さすが世界遺産! こちらには観光客がたくさんいて賑やかだった。
f0198592_0304173.jpg

by yamamog | 2013-06-02 00:00 |
岡山旅行 その5
東京へ戻る日。
午前中は行きたかった倉敷民芸館を見て回る。ここは江戸時代末期の米倉を大原総一郎が寄贈し改装されたもので、東京の日本民藝館についで2番目に建てられたそうだ。館内には世界中から集められた民芸品が展示されていて、ワクワクしっぱなしだった。
f0198592_13331849.jpg

f0198592_13351333.jpg

その後、岡山駅まででて岡山城を見る。日本三景のひとつ後楽園は外から覗き、時間がきたので岡山を後にした。もうちょっと時間がほしいねえと老沼さんと話しながら羽田に着いたのであった。

今回も珍道中だったけど、これも旅の思い出ってことだね。でも、やっぱり下調べをしなくちゃね!

おまけ。
広兼邸にて念願の写真を撮った老沼さんだけど、倉敷へ戻って写真を確認したら白くとんでいた!
どうやら坑道に入った際にモードを変更したらしく、それを戻さなかったそうだ。
老沼さん顔面蒼白・・・。「小型カメラで動画も撮ったし・・・、デジタルだから直せるかもしれない・・・」とつぶやいているが私は何も言葉を返せなかった・・・。これぞ八墓村のたたりだね。(笑)
by yamamog | 2012-12-07 01:56 |



山本恵未の日々のこと
by yamamog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ホームページはこちら!
「やま」

お仕事のご依頼、
お問い合わせは
こちらにお願いします。

*メール
カテゴリ
全体
日々
お知らせ
絵の具
切り絵
色えんぴつ

らくがき
お仕事

民芸・雑貨・郷土玩具
DIY&hand made
庭造り
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
画像一覧